【YouTuberになる】チャンネル登録者数1000人が難しい。増やすには特化ジャンル

こんにちは。コーシー(@C_aptainTokyo)です。

 

コーシー
YouTubeのチャンネル登録者数は129(記事執筆時点)です。

 

YouTubeを収益化するにはチャンネル登録者数1,000という壁があります。

やってみるとわかりますがこれはめちゃくちゃ大変



チャンネル登録者数1,000人という壁がいかに高いのか、超えるための作戦はあるのかということをまとめていきたいと思います。

 

YouTube収益化にはチャンネル登録者数1,000人が必要!

YouTubeにはチャンネル登録者数1,000人という壁があります。

それはYouTubeの収益化には登録者数1,000人という条件があるからですね。

 

かばお
下記が、YouTube収益化の条件です。

 

1.チャンネル登録者数が1,000人以上
2.動画の総再生時間が4,000時間以上

 

2.の動画の総再生時間が4,000時間以上に関しては、やってみるとわかりますがそれほど難しいことではありません。

継続的に見られる動画が何本かあれば達成できる数字です。

なのでコツコツ継続していればクリアできそうですよね。

 

そうなると問題はチャンネル登録者数1,000人の方

 

ぺんぺん
1,000人くらい簡単じゃない?HIKAKINやはじめしゃちょーの1/100くらいじゃなくて??

 

しかし実際はこのチャンネル登録者数1,000人という数字がめちゃくちゃ厳しいのです。

 

実はめちゃくちゃ高いチャンネル登録者1,000人の壁

チャンネル登録者数1,000人がどのくらい難しいのかということを調べてみました。

データは下記サイトを参考にさせてもらいました。

http://pasokatu.com/19059#YouTube

 

するとチャンネル登録者数1,000人というのは上位11%に当たるそうです。

※ソースを確認していただきたいですが、実際はもっと上位に当たりそうです。

 

上位11%というとそれだけでもかなり上の方だということがわかりますね。

さらに実際はデータに含まれないような小さいチャンネルも多数あるので、もっと少ないパーセンテージだと考えられます。

 

うささ
チャンネル登録者数で上位11%って、かなり厳しい戦いだね。

 

ちなみに1万人であれば上位2%くらいみたいです。

私も属する200人以下のチャンネルで実に70%を占めるという結果に。

チャンネル登録者数が100人いれば、上位50%を越えられるそうです。

 

動画が伸びても登録は伸びない!

 

くうま
面白い動画を投稿していれば、いつかバズってチャンネル登録者数も伸びるんじゃないの?

 

もちろんその可能性もなきにしもあらずですが、基本的には難しいかなと思います。

自分が実際にYouTube動画を見るとき、検索で1本の動画を見てもチャンネル登録しようとは簡単には思わないですよね。

思うとしたらそのチャンネルのジャンルに興味があるか、あるいはキャラクターに興味があるか。

 

それから意外ときついのは、チャンネル登録者数が少ないチャンネルってなんとなく登録したくないって考えてしまうことですね。

よほどそのチャンネルに魅力を感じないと誰にも見られていないどこの馬の骨ともわからないチャンネルに登録しようなどとは思わないはずです。

 

コーシー
実際に私のチャンネルでは再生数が1万回を超えている動画もあります。
【キャプテンTOKYO006】FLOSSダンスの踊り方講座

 

これはフロスダンスの踊り方を解説した動画です。

おそらく「フロスダンス 踊り方」で検索流入が多いのでしょう。

毎日コンスタントに見られています。

 

しかしだからといって、ここからチャンネル登録が伸びているということもないです。

この動画を見た人は、「ああ、こうやって踊るんだな」と答えを見つけて離脱していくのでしょう。

チャンネル登録を増やすには、動画が見られるだけではダメです。

 

れおん
まあ動画が見られないことには始まらないですけどね。



 

チャンネル登録者数を増やすには

チャンネルを特定ジャンルに特化させる

チャンネル登録者数を増やすには、どちらか2つの方法しかありません。

 

・キャラクター(YouTuber本人)が魅力的
・特定のジャンルを専門的に発信している

 

キャラクターが魅力的というのは、たとえばゲーム実況などはもはやレッドオーシャンですよね。

普通にゲームをプレイしていてもチャンネル登録が伸びることはないでしょう。

重要なのは、プレイしている人に魅力があるかどうかになってきます。

これはなかなかきついと思います。

そもそも動画が見られないとキャラクター勝負にももちこめないですからね。

 

あるいは顔出しで勝負する方はもっときつそうですね。

HIKAKINさんなどに憧れてYouTuberになろうとする方たち。

いわゆる面白動画的なもので、自分のキャラクターを出していこうという場合ですね。

このような動画はYouTuberブームから、ものすごい数が投稿されており、もはや後発で参入するのは難しい状態にあると思います。

 

いの
そうなると勝負するなら、特定ジャンルの動画ですかね。

 

特定ジャンルの動画であれば、その分野について知りたいという方からの検索流入が見込めます。

たとえば下記の様なジャンルの動画ですね。

 

・特定のスポーツ
・家電
・お金(ビジネス)

 

自分の好きなことや詳しいことを発信するチャンネルです。

これであれば、そこに需要があればチャンネル登録してくれることも多いでしょう。

 

コーシー
私は人工知能や最先端技術に関するYouTubeチャンネルを始めました。

【AI評論】シンギュラリティとは?2045年に汎用型人工知能の進化で世界が変わる。

 

始めたばかりでチャンネル登録者数は少ないですが、少しずつ増えていくと予想しています。



 

更新頻度を高める

更新頻度を高めることもチャンネル登録を増やすための秘訣です。

チャンネル登録をするのは、行使された動画を見逃さないようにするためですよね。

それならたくさん更新して、チャンネル登録しておくべきだと視聴者に感じさせなくてはなりません。

 

また初期のチャンネル登録者数が少ない状態では、見られる機会も少ないです。

そのため動画を少しでも増やしてチャンネル登録を増やしていく必要があります。

 

コーシー
まず動画がめにつかないと意味がないですからね。

 

その他まだまだ作戦はある!

下記は関連記事です。

チャンネルを増やすための方法をまとめたので確認してみてください。

 

こんにちは。キャプテンTOKYO(@C_aptainTokyo)です。     実績として、チャンネル登録者数を増...

 



 

いかがでしたでしょうか。

今回はチャンネル登録者数1,000人の壁は高いというお話でした。

 

コーシー
地道に頑張りましょう!継続は力なりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする