社会人の趣味にランニングが最強。ランニングをオススメする6つの理由とその効果

こんにちは。キャプテンTOKYO(@C_aptainTokyo)です。

 

キャプテンTOKYO
社会人のみなさん。趣味はありますか?

 

趣味のない社会人におすすめなのが、ランニングです。

ランニングには、社会人にとってあまりにもメリットが多すぎます。

今回は趣味としてのランニングの魅力をお伝えしていきます。

 

ランニングが社会人にとって最強の趣味である理由6

 

コーシー
早速、ランニングが最強の趣味である理由を見ていきましょう。

 

思考を整理できる

ランニングをすると、思考を整理できます。

考えがまとまるため、仕事の悩みやプライベートでの考え事などを整理することができます。

 

オンとオフの切り替えが大切な社会人ですが、プライベートの時間でも仕事のことを考えてしまうこともありますよね。

そのようなときは、ランニングをすることで思考を整理します。

 

気分が良い時は、走っているときに仕事について新しい発見があったりします。

気分が乗らない時は、悩みの原因についてゆっくりと考えることができたり、あるいは辛いことを忘れて爽快感を得ることができます。

 

コーシー
脳科学者の茂木健一郎さんは、毎日走って思考を整理するそうです。

 

 

ランニングを行うことで、思考を整理できます。

家で考え事をするくらいなら、一度走ってしまいましょう

すると思考が整理されて新しい発見が生まれます。

 

 

体型を維持できる

社会人になると忙しさやストレスで、若い時と比べると体型が変わる人が多いです。

ランニングを趣味にすれば、いつまでも若々しい体型を保つことができます。

 

若い人であれば、基礎代謝が良いため運動をしなくても体型は保てるかもしれません。

しかし年を重ねれば重ねるほど、基礎代謝が落ちて体型を保つこと、あるいは体重を落とすことは難しくなります。

 

コーシー
スマートでカッコいい人は、社会人としての信頼も厚いと思います。

 

体型を維持できる人というのは、自分をコントロールすることができる人です。

目の前の誘惑には負けずに何が必要か不必要化を判断し、欲で動かず正しい判断を下せる人です。

 

スマートな体系を維持することは、社会人にとって大切なことです。

また生活習慣病予防など、健康面でもランニングはおすすめできます。

 

 

お金がかからない

趣味を始めると、何かしらお金が掛かってくるものです。

しかしランニングに必要なのは、下記くらいですね。

 

・運動できる格好
・運動できる靴

 

運動できる格好は、わざわざ買わなくてもTシャツと軽いズボンがあれば大丈夫です。

必要なのはランニングシューズくらいでしょうか。

ランニングシューズくらいであれば、5,000円もしないで買うことができます。

 

 

一度買ってしまえば、壊れるまでずっと使い続けることができます。

普通に使用していれば、何年でも使用できるでしょう。

 

コーシー
ランニングはコストがかからないという点でもおすすめですね。

 

ゴルフやサーフィンを始めると、何万円とお金がかかるでしょう。

ランニングであれば気軽に始めることができます。

 

体力をつけられる

ランニングをすることで、体力をつけることができます。

社会人になって運動をしないまま年齢を重ねると、体力が落ちて体調を崩しやすくなったり仕事が辛くなったりします。

 

体力というのは、残念ながら普通に生活しているだけではなかなかつけることはできません。

個人の努力が必要になります。

趣味で体力をつけることができれば、お得な気がしますよね。

 

コーシー
社会人になって久しぶりに運動をしたりすると、体力の衰えを顕著に感じますよね。

 

体力があれば、繁忙期もしっかりと乗り切ることができます。

仕事が終わってからの自宅での時間も、体力が残っているので有効活用できるでしょう。

体力をつけられるという点においても、社会人にランニングはおすすめの趣味です。

 

自信がみなぎる

科学的根拠はないですが、ランニングを定期的に行うと自信がみなぎります

これはランニングをしている方には、なんとなく伝わると思います。

 

ランニングを行うと、良いことをしているという気持ちが生まれます。

良いことを毎日していると実感できると、気分が晴れて自信が持てそうですよね。

 

またランニングを続けてスマートな体型を維持すると、他の人と自分を比べて努力しているという実感を持てます。

日々の努力を自分で認めることができ、自信につながります。

 

コーシー
なぜかはわからないですが、ランニングをすると自信が生まれるんですよね。

 

走っていると、爽快感を得ることができます。

その爽快感がもしかしたら自信の正体なのかもしれませんね。

 

寝つきがよくなる

社会人の疲労というのは、運動した後の心地よい疲れとは違いますよね。

気疲れやずっと同じ姿勢でいることの疲れが多いと思います。

 

そのような疲れですと、疲れているはずなのに身体は元気で寝つきが悪いということがあると思います。

ランニングを行えば、適度な疲労感を得ることができて寝つきが良くなります。

 

コーシー
ランニングをすると、気持ちの良い疲れが生まれますよね。

 

ランニングをして、心地よい疲労感を得ましょう。

 

ランニングを趣味にするために必要なこと

 

コーシー
ランニングを趣味にしようとするなら、心がけることがあります。

 

無理をしない

まずは無理をしないことです。

いきなり無理をしてしまうと、継続ができなかったり場合によっては身体を痛めてしまうことも。

 

ランニングは慣れれば爽快感を得られて楽しくなりますが、最初はキツイこともあります。

無理をせずゆっくりと楽しく走ってみましょう。

 

とにかく走り出す

社会人をしていると、忙しかったり疲れたりと言ってランニングをしない言い訳をしてしまいます。

しかしそれでも、一度走り出してしまえば楽しいですし思考も整理されるなどメリットだらけです。

 

大切なのは、最初の一歩です。

ランニングを趣味にするなら、運動着に着替えて自宅から出るのが最初の一歩。

そこさえクリアできれば、あとは楽しくてメリットの多い趣味です。

 

曜日や時間帯を決める

走れるときに走ろう!では、なかなか気が向かないかもしれません。

そうならないためには、走る曜日や時間帯を決めてしまうことです。

 

毎週月曜日は走る。
毎日19時から走る。

 

決めてしまってルーティンにして、あとは実行するだけです。

 

ランニング以外の趣味とセットにすると効果アップ

ランニングを趣味にする理由として、思考を整理できるという点をおすすめしました。

このメリットをより有効活用するためには、他の趣味とセットにするといいです。

 

例えば読書。

本を読んで良質な情報をインプットした後にランニングをすれば、情報を整理することができます。

 

コーシー
思考が整理されるというのは、何をするにしてもメリットが大きいですね。

 

勉強やスポーツをするにしても、自分の頭が整理されていることは大切です。

ランニングを他の趣味と合わせて行い、効果を高めましょう。

https://koshiii.net/post-1156

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回はランニングは社会人にとって最強の趣味というお話でした。

 

キャプテンTOKYO
ランニングには社会人に嬉しいメリットがたくさんです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする